野草と樹木

トベラ

トベラ科トベラ属の常緑低木。
本州の岩手県以南から台湾にまでの海岸に分布する。樹高2~3mほどの常緑または落葉の木本。海岸の崖地などに生育するが、乾燥に強いことから庭園や公園、道路の緑化帯などに広く植栽されており、内陸の森林中にも稚樹がみられることもある。葉は単葉で互生し、枝先に束生する。葉身は倒卵形で先端は丸く、皮質で表面に光沢がある。縁は全縁で裏側に丸まる。枝先の葉に囲まれるように花序を出し白い蕾をつける。
2014/05/18 市川市河原の江戸川河川敷

トベラ科トベラ属トベラ

-野草と樹木
-, ,