野草と樹木

ヤマボウシ

2016/10/26

ミズキ科ミズキ属の落葉高木。
沖縄・九州・本州の山地に自生し、5~10mの高さに生長する。花は6~7月に開き、淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える。その花弁の様子を坊主頭と頭巾に見立てて「山法師」と名付けられた。果実は集合果で9月頃に赤く熟し、直径1~3センチで球形、食用になり、果実酒、ジャムなどにされる。
2015/09/27 市川市中国分のじゅん菜池公園にて撮影

ヤマボウシ

-野草と樹木
-, ,