野草と樹木

リキュウバイ

バラ科ヤナギザクラ属の落葉低木
中国原産で、日本には明治末期に渡来したとされている。
名前の由来は諸説あるが、千利休が愛用した茶器を入れる袋の「梅の紋様」がこの花に似ることから、利休梅という名が付いたとも言われる。
庭木、公園木としてよく栽培され、4~5月頃に枝先に総状花序を出し、白い5弁花をつける。

2017/03/28 市川市南八幡の住宅街にて撮影
20170331-145405.jpg

-野草と樹木
-, ,