マルバウツギ

野草と樹木

マルバウツギ

アジサイ科ウツギ属の落葉低木
関東以西の本州太平洋側、四国、九州に分布する。
日当りの良い、やや乾燥した斜面に株立ち状となり、枝は垂れよく分枝する。
葉は先が尖った卵形で、細かく鋭い鋸歯があり、対生する。
短い葉柄があるが、花序のすぐ下の葉には葉柄は無い。
葉の表裏に星状毛が散生し、ざらつく。
5月頃、枝先に花序を作り、白い5弁花を咲かせる。

2018/05/06 市原市大福山にて撮影
マルバウツギ

-野草と樹木
-, ,